PAGE TOP

探偵,石川

e-探偵石川ガイド

どのような行為をしているか記すこ
どのような行為をしているか記すことで浮気を実証できる場合もあるのです。毎日の行動の仕方には、ほとんどの場合決まりができるものです。しかし、浮気すると、行動のパターンが変わります。時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを特定することができたら、注意して動きを観察するようにすると、浮気の裏付けがしやすくなります。
食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートにはお通しの注文数から同席していた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細は月々チェックするようにします。
仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、誰かほかの人と一緒にいたと推測される場合があるでしょう。

しょっちゅう同じ電話番号から電話を受けていたりまた電話をかけ直していたりするとその相手が浮気相手であるという可能性は大いにあるでしょう。
そうしたらその電話番号の相手が誰かということを突き止めるだけでいいのです。そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手と電話をしたあとに電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。時間によって尾行料金が決まる場合、尾行時間が短い探偵の方が、費用が少なく済みます。
というわけで、尾行依頼を探偵にする時には、パートナーの日常の行動をよく知っておくことが大切です。
最も疑いのある時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、探偵にも余計な手間をかけずに済み、お互いにとってメリットがあります。


探偵による調査は高額ですから、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。

簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、実践してみればそうはいかないもので相手に悟られず尾行をするのは並大抵のことではないのです。勘付かれれば警戒をされるものなので、浮気の決定打を見逃してしまう可能性もあります。
あったことをなかったことにさせないためには、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。

GPS端末は、車の目に触れないところに設置して、行動を常時監視し続け、今いる場所をモニターしたり、データログを後から読み出し行動を確認することができます。あまり、車を運転しない人の場合は、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。
そうすれば、相手がどこに行ったのかや何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。
興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、これと言って無いと言ってもいいかもしれません。浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、同じような仕事内容です。
ただし、違いがあるとしたら、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。


なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、できる範囲のことは自分で前もって調査しておきたいものです。難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。毎日のパートナーの行動記録を立派な調査資料になります。毎日、仕事に出る時間、帰宅してきた時間、電話が掛ってきたなら、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいのケースもあります。離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、額は少なくなります。
また、不倫の相手が配偶者との肉体関係を認めないときには必要なのは証拠です。第三者からみても明白な不倫の証拠が必要です。
不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を請求する側になったとすれば、敵の情報は必要ですし、不倫関係が継続している事を、形として手に入れなければ駄目です。


その辺を探偵社に調査して貰うようにすれば、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を撮影してくれますし、適切な形で裁判にでも通用するように、貴方の手に届けて貰えるでしょう。
浮気の事実関係を委託調査する際には、法外に低料
浮気の事実関係を委託調査する際には、法外に低料金だったり、または高過ぎるような金額が設定されているところではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、それ以上、料金がかからないような探偵会社を選択するのが良いでしょう。その他、関係団体に届け出ているのか事前に調べておくべきです。法に反して調査を実施している業者には委託しない方がよいでしょう。
本人に気づかれないようにして、客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、しっかりした機材と技術が必要になります。
浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠として扱われません。
浮気の調査を探偵に任せると、非常にコンパクトなカメラを使って相手が気づかないうちにはっきり判別できる写真を撮ります。
もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、二人の間に亀裂があったと認められる場合、慰謝料をもらうことはできません。
慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、夫婦の歳、結婚年数など全体的にみて裁判官が判断します。
探偵に依頼するなどし、浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。



配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。でも、浮気の証拠を自分だけで手に入れるとなると、自分の行動が相手に見つかってしまうリスクが高くなります。



理由としては単純で、あなたの顔が相手に知られているからです。

浮気調査でなにより大事なのは、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。
浮気しているか否かが不明瞭な場合は次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。

不倫相手の存在が確かになればここで浮気相手が誰かを探ることとなります。

主にパートナーの尾行を中心として、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、浮気相手の素性を確かめるのです。
アルバイトとして探偵をしている人がいる場合があるんです。



探偵をするアルバイトを検索してみると、お仕事が見つかるのです。
これからわかることは、バイトを働かせている探偵事務所も多いのです。
浮気調査をさせようとするときには、個人情報がないと調査のしようがないですよね。バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。


着る洋服を見ることで浮気の裏付けをすることもできます。


浮気をすると、分かりやすく現れるのは格好の変わりようです。
おしゃれにはこれまで疎かったのに、突如おしゃれに関心を持つようになったら慎重に見ておく必要があるでしょう。これから先浮気をしようとしていたり、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。


不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を要求しようとするのなら、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、ムカつくでしょうが、不倫が継続した証明を手に入れなければ駄目です。

しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、不倫の証拠をプロならではの手段と方法で、貴方に届けてくれますし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を準備して貰えるのです。携帯電話の通話履歴から浮気の証拠が掴めます。なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に当たり前のように使われるからです。

最近ではメールや、LINEなどのアプリを通じて連絡をする事も多くなりましたが、やはり好きな人の声を聞きたくなるのは当たり前です。
ですから、空き時間に電話することは十分考えられます。興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、格別違うところが無いと言っても言い切れます。

興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、類似した仕事をしています。

しかし、あえて言うと、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。